【ポテンシャルプロデューサーの視点】Vol.14

【ポテンシャルプロデューサーの視点】Vol.14

『これからの会社の存在意義とはなんなのか?』

~多種多様な価値観を満たす5つの鍵!~

高度経済成長のあと、豊かな生活を手に入れたことで個々が多種多様な価値観を持てるようになり、売り手は消費者に対して、これからどう対応していけばいいのかがポイントとなります。

ーそのポイントとなる5つの鍵とは?ー

【多種多様な価値観を満たす5つの鍵!】

1.多種多様な価値観に見合った選択肢を与える!
(これからの会社は、消費者にどれだけ選択肢を与えられるかが存在意義となる)

2.気軽にふれられる体験の場を提供する!
(まずは気軽に簡単に商品・サービスにふれてもらうことで、感じて味わってもらい、そのフィードバックからさらに改善を繰り返し、個々の価値観に照らし合わせていく)

3.予想を超えた感動を与える!
(使い勝って、手軽さ、時短、コンパクト、アフターフォローなど消費者が思いもしないこと、味わったこともないようなことをとことん意識する)

4.消費者と同じ目線で、自分が絶対に欲しいと思うものを作る!
(自分が欲しいと思うものを作るために色々なアイデアが湧き、そのアイデアで同じように欲しいと思う人が必ず現れる)

5.間接費を出来るだけ削り、価格と価値にギャップ(コスパ)を感じさせる!
(好きなものを作っていくと価格がかさむ、利便性が初々しい時期はそれでいい、でも慣れてくる前にコスパをしっかり意識していく)

【あなたへの質問】

『あなたが提供している商品・サービスは、クライアントにどれだけの選択肢を与えていますか?』

【まーさんアドバイス】

よく一般的なマーケティングでは、ターゲットを絞った方がいいと言いますが、これは単純にターゲットを絞ることで商品・サービスの内容が分散せず、エッジが立つからいい、コストが抑えられていい、ニッチ市場を狙えばいいということではありません。

あくまでも私論ですが、会社の規模、提供しているもので、戦略は確かに異なりますが、大きな流れとして、これからさらに多種多様な価値観が生まれていく時代の流れの中では、絞るのは商品・サービスのコンセプトであり、種類ではないと思っています。
もちろん、なんでもかまわず種類を増やせばいいということではなく、しっかりクライアントの意見を聞き、マーケティングから商品・サービスを提供していくことは言うまでもありません。

『あなたが絶対に欲しいと思うものを作り、クライアントの意見で改善していく!』

(画像出展:カンブリア宮殿より)

No Comments

Post A Comment