【ポテンシャルプロデューサーの視点】Vol.18

【ポテンシャルプロデューサーの視点】Vol.18

『人の成長なくして、組織の成長なし!』

~人を率いる者がもたなければならない、人を成長させる5つの意識とは?~

人の育成と言いつつ、「これやっといて」、「やる気をもちなさい」、「なんで出来ないの」、「なんで気づかないの」など、上司が部下に命令や押しつけをしているだけの姿をよく目にする。

はっきり言って、これでは人は成長しない!
この環境で、もし成長できる人がいたら、さっさと自分で独立しているだろう。

では、人を育てる時に、どんなことを意識しなければならないのか?

【人を育成するために必要な5つの意識】

1.魅せる
(ビジョンを通してあるべき姿で相手を魅せる)

2.見せる
(物事に取り組む姿勢を背中で見せる)

3.任せる
(成長する場を与える)

4.見守る
(しっかり、考えさせ、悩ませ、経験を積ませる)

5.評価する
(結果をしっかり評価する。成功は心の底から称賛し、失敗は次につなげるよう促す)

【あなたへの質問】

『あなたは、誰かに何かを教える時、どんなことを意識していますか?』

【まーさんアドバイス】

人を育成する者は、相手の立ち位置(置かれている立場、知識量、経験値、学習能力など)や価値観、心の状態などを汲み取らなければならない。

汲み取ったのちに、相手に適したタイミングで、適した助言、適した学びの場を提供する。
これが、育成者の最大の役割である。

『人を率いる者は、人の適材適所を見極める目を養うこと!』

(画像出展:カンブリア宮殿より)

No Comments

Post A Comment