【ポテンシャルプロデューサーの視点】Vol.19

【ポテンシャルプロデューサーの視点】Vol.19

『悔しさの中から、自分のビジネスの仕組みが生まれる!』

まーさん33

(画像出展:カンブリア宮殿より)

 

~後発者が先発者に勝つ5つのポイントとは?~

業種、規模、地域性、扱う商品・サービスなどによって、様々なビジネスモデルがある。
そしてそのビジネスモデルには、それぞれ先駆者がいて大きなシェアを握っている。

後発にその業種に入っていった多くの者は、そのビジネスモデルを真似するのだが、思うようにシェアが取れず撤退する。

ビジネスを始める前に見栄を張らず、ただ真似するだけのビジネスモデルでは、上手く回らないことを認識することが大切!

では、どうすればいいのか?

自分に合ったMyビジネスモデルを作る事!
なにもゼロから作らなくていい、既存のビジネスモデルに少しアイデアを加えればMyビジネスモデルの完成だ!

そして仕掛ける時は、次の5つのポイントを意識するようにして欲しい。

【後発者が先発者に勝つ5つのポイント】

1.大手が追随出来ないスタートダッシュをかける
(高品質低価格などで、薄利でも圧倒的売れ行きを作り名前を知ってもらう)

2.自動化と人手でやる部分を選別する
(自然環境によって品質が変化するものを扱う場合、人手での品質調整が欠かせない)

3.圧倒的な感動を与える
(品質、価格、サービスなどで、圧倒的なインパクトを与える)

4.重要な部分は自分の想いが伝わっていない外部者には頼まない
(コンセプトに自分の想いがうすれ、ファンが作れない)

5.売りに行くのではなく、買いに来てもらうような商品・サービスを提供する
(高品質低価格、圧倒的コスパでリピーターを増やす)

【あなたへの質問】

『あなたは、あなたのビジネスモデルでどんなことにポイントを置いていますか?』

【まーさんアドバイス】

ビジネスモデルはいわゆるビジネスの仕組みですが、その他に大事なものとしてビジネスのコンセプト(ブランディング)があります。

例えば、〇〇ショップ、〇〇商店、〇〇屋さんなどの小売業場合、店舗の場所を借りたり(テナント)、また店舗を持たない卸業であると、建物のオナーや販売店より制限を受けて自分の商品のコンセプトをお客様に上手く伝えられないことが多くあります。

採り上げているシャトレーゼは、最初卸業から始めて、その後テナントで店舗を持つようになり、この課題にぶつかり、商売が思うようにならないところまで追い込まれました。
そこで、何をしたかと言うと、全て直営店というビジネスモデルに方向転換しました。

これによって、店のコンセプトが自分の思うがままに出来ることになり、シャトレーゼのブランドイメージを向上し維持しています。

『窮すれば通ず!』
(最悪の事態に陥ってどうにもならなくなると、かえって活路が開けるものだということ)

『悔しさの中から、自分のビジネスの仕組みが生まれる!』
~後発者が先発者に勝つ5つのポイントとは?~

業種、規模、地域性、扱う商品・サービスなどによって、様々なビジネスモデルがある。
そしてそのビジネスモデルには、それぞれ先駆者がいて大きなシェアを握っている。

後発にその業種に入っていった多くの者は、そのビジネスモデルを真似するのだが、思うようにシェアが取れず撤退する。

ビジネスを始める前に見栄を張らず、ただ真似するだけのビジネスモデルでは、上手く回らないことを認識することが大切!

では、どうすればいいのか?

自分に合ったMyビジネスモデルを作る事!
なにもゼロから作らなくていい、既存のビジネスモデルに少しアイデアを加えればMyビジネスモデルの完成だ!

そして仕掛ける時は、次の5つのポイントを意識するようにして欲しい。

【後発者が先発者に勝つ5つのポイント】

1.大手が追随出来ないスタートダッシュをかける
(高品質低価格などで、薄利でも圧倒的売れ行きを作り名前を知ってもらう)

2.自動化と人手でやる部分を選別する
(自然環境によって品質が変化するものを扱う場合、人手での品質調整が欠かせない)

3.圧倒的な感動を与える
(品質、価格、サービスなどで、圧倒的なインパクトを与える)

4.重要な部分は自分の想いが伝わっていない外部者には頼まない
(コンセプトに自分の想いがうすれ、ファンが作れない)

5.売りに行くのではなく、買いに来てもらうような商品・サービスを提供する
(高品質低価格、圧倒的コスパでリピーターを増やす)

【あなたへの質問】

『あなたは、あなたのビジネスモデルでどんなことにポイントを置いていますか?』

【まーさんアドバイス】

ビジネスモデルはいわゆるビジネスの仕組みですが、その他に大事なものとしてビジネスのコンセプト(ブランディング)があります。

例えば、〇〇ショップ、〇〇商店、〇〇屋さんなどの小売業場合、店舗の場所を借りたり(テナント)、また店舗を持たない卸業であると、建物のオナーや販売店より制限を受けて自分の商品のコンセプトをお客様に上手く伝えられないことが多くあります。

採り上げているシャトレーゼは、最初卸業から始めて、その後テナントで店舗を持つようになり、この課題にぶつかり、商売が思うようにならないところまで追い込まれました。
そこで、何をしたかと言うと、全て直営店というビジネスモデルに方向転換しました。

これによって、店のコンセプトが自分の思うがままに出来ることになり、シャトレーゼのブランドイメージを向上し維持しています。

『窮すれば通ず!』
(最悪の事態に陥ってどうにもならなくなると、かえって活路が開けるものだということ)

No Comments

Post A Comment