【ポテンシャルプロデューサーの視点】Vol.23

【ポテンシャルプロデューサーの視点】Vol.23

『目立たないところにこそ、チャンスが眠っている!』

 

まーさん40

まーさん42

(画像出展:カンブリア宮殿より)

 

~アイデアを見つけ出し、チャンスをつかむための3つの意識?~

当然ですが、華やかで、目立ち、話題になるものにはメディア(TV・新聞・書籍・雑誌・ネットなどなど)が食いつく。

逆に言うと、縁の下的で目立たず、話題にならないものには、寄ってこない。

だから、世に認知されるものは、必然的にメディアに取り上げられる、華やかで、目立ち、話題になるものに限られてくる。

ビジネスにおいても同様、華やかで、目立ち、話題になるビジネスには、よく世間の目がいくようになる。

そのため、知識がなく、情報力が乏しい者が起業する時、または自分の事業セグメントの知識、情報しか得ていない者が事業改革をする時に選択するビジネスモデルや手段は、そのメディア情報の枠を出ることなく似たものになっていく。

しかし、本当は一般的に知られていない目立たないところにこそ、新しいビジネスモデルやモデルチェンジのアイデアが隠れているのだ!

では、
『隠れたアイデアを見つけ出すためには、どうしたらいいのか?』

それは次の3つを意識することである!

【3つの意識】

1、「こんな仕事があったの?」というような仕事を意識してみる!
(メディアで取り上げられないような、あまり知られていない仕事が結構上手くいっていることが多く、あなたのビジネスに参考になるアイデア、まだ参入のチャンスがある)

2、海外へ目を向け、文化を意識してみる!
(日本では見向きもされないものが、海外では普通に流通しているものがあったり、日本では安価なものが、海外では高価であったりするので、そこにアイデア、チャンスがある)

3、働くことを避けられている業界を意識してみる!
(いわゆる3K(汚い、臭い、危険)と言われる業界では、新たな参入がほとんどないので保守的になっているために、イノベーションを起こすチャンスがある)

【あなたへの質問】

『あなたはアイデアを見つけるために、どこに意識を置いていますか?』

【まーさんアドバイス】

当然ご承知のことと思いますが、日本は少子高齢、人口減少(現在約12000万人⇒40年後推定約9000万人:25%減)、就労人口も減少(現在約6500万人⇒40年後推定約4000万人:約40%減)で、国内ビジネスは確実に淘汰の時代、二極化が進むことでしょう。

そんな時代の中でも、あなたのビジネスが生き残るためには、「今、目を向けられていない、目立たないところに眠っている、隠れたアイデア、チャンスを見つけることです!」

是非、3つの意識をもって、世の中を改めて見てみて下さい。

No Comments

Post A Comment