【ポテンシャルプロデューサーの視点】Vol.33

【ポテンシャルプロデューサーの視点】Vol.33

 『近江商人の「三方良し」から学ぶ経営道!』

~売り手よし、買い手よし、世間よし、全員が喜ぶ経営とは?~

13450895_1002130266566923_5552917712162730165_n

13413524_1002130376566912_2117975096787060783_n

13417660_1002130526566897_750606892644980844_n

「三方良し」

大坂商人・伊勢商人と並ぶ日本三大商人の一つである近江商人の心得をいったもので、売り手と買い手がともに満足し、また社会貢献もできるのがよい商売であるということなのだが、言い換えると

売り手よし・・・買い手が納得する望むものを提供し、喜んでもらい利益を上げる
買い手よし・・・欲しかったものが品質や価格に納得した形で手に入る
世間よし ・・・環境改善、国民生活の幸上、国力向上など社会貢献につながる

これから、ますますビジネスに必要となってくるのは、いかに買い手に売り手が近づけるかであり、買い手である個に売り手である企業がどうアプローチを行うかであると思います。

【アプローチの3つキーポイント】
1.コミュニケーション力(人間力)
2.提案力
3.専門カ

(画像出展:「カンブリア宮殿」より)

【あなたへの質問】

『あなたは、見込客となるような人と実際に会い、悩みを聞いたことがありますか?』

【まーさんアドバイス】

起業してからビジネスが軌道に乗らない一つの原因として、しっかりとしたマーケティングが出来ていないことが挙げられます。
素晴らしい商品だから、最高のサービスだから、だけでは単なる思い込みの枠の中で終わってしまいます。しっかりとそこにお客様の声を聞き、反映させてみて下さい。

『売込みではなく悩みを聞く、お客様の声にこそ、ビジネスチャンスが潜んでいる!』

No Comments

Post A Comment